ペットにとって過ごしやすいペット可ホテルで飼い主もリラックス!

>

これからのペット可ホテル

ペット可ホテル多様化の背景にあるもの

ペット可ホテルがここまで多様化したのは、たんなるペットブームの影響だけではありません。
単身世帯が増加したこともその動きに拍車をかけており、これまでならば友人を誘って遠出をしていた世代が今ではペットとともに外泊を楽しんでいるという背景があり、それはここ数年の「おひとりさまブーム」と決して無縁ではありません。
とくに単身世帯の女性にとっては、友人や知人を誘って旅行に行くよりも慣れ親しんだペットとのんびり外泊を楽しんだほうが気を遣わなくて良いのかもしれません。
従来はペットを飼っていれば専用のホテルや家族に預けるか、あるいは旅行そのものをあきらめるしかありませんでしたが、ペット可ホテルが充実したことによって選択の幅が広がり、ペットとともに旅行を楽しむ、というニーズも気軽にかなえられるようになりました。
ペット可ホテルもまた、時代の流れを色濃く反映しているのです。

ペットにとって本当にくつろげるのは?

ペット可ホテルは人間にとって非常に便利なものですが、果たして、ペットにとっても本当の意味でくつろげる空間なのでしょうか。
飼い主の不在時にペットを預けられる施設として、ペットホテルがあります。
ペットホテルでは原則としてペットたちはそれぞれのケージに入り、一定期間を過ごすことになります。
飼い主とともに行動できるペット可ホテルとくらべるとペットの不安感が大きいようにも思えますが、ペットのプライバシーがきちんと保たれており、長期の宿泊になれば適度な運動の機会が与えられるので、ストレス解消効果も期待できます。
ただし、もちろん、自宅がペットにとってもっともくつろげる空間であることを忘れてはなりません。
したがって、ペットをむやみに外泊に連れ出すのではなく、ストレスレベルを慎重に観察しながらリラックス状態ができるかぎり長くつづくように配慮する必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る